読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イロドリ勢が始めるチュウニズム日記

イロドリミドリにはまった恵海人がチュウニズムをがんばってます

チュウニズム日記番外編1 GO!GO!チュウニズム

イロドリミドリ チュウニズム日記

今回はチュウニズム日記番外編としてイロドリミドリのことについて少し

 

先日、とあるものを探してネット通販を漁っていたらお目当てのものを発見、購入してきた。 

f:id:normaltsuna:20170320231417j:plain

 

それがこの「GO!GO!チュウニズム」イロドリミドリのメンバーがSEGAのゲームの名曲たちをカバーしたCDだ。

このCDは2017年1/12~2/9の期間で開催された「CHUNITHM オリジナルグッズプレゼントキャンペーン」の36ポイント=36クレで交換できたCDなのだが、3600円必要なことや各店舗にCDが10枚しかなかったことから少々入手辛いCDだった。

今回は運よくお安く手に入れることが出来たので早速聴いてみた。

 

このCDはドラマパートとカバー楽曲が交互に収録されており、カバーされた楽曲のプロローグとしてドラマが入っている。

 

01.あーりんがアイドルデビューしてしまうかもしれない話

話はあーりんの兄と弟があーりんに内緒でアイドルオーディションの書類を出した結果書類審査を通過したことから始まり、そこからメンバーがあーりんのアイドルデビュー計画を考えるというストーリー。

メンバーの家族の話といえば、なるの兄がたまに話にでてくるくらいであまり語られることはないのだが、あーりんの兄と弟はこっそり書類を出すということは2人はあーりんのことは美人だと思ってはいるのだろうか?

そしてアイドルの話で盛り上がるメンバーたち、プロデュースを始めるはこべPやコールやMixを入れたがるせりなとなずな、コール本を作ろうとするなぎなど皆ノリノリであーりんをいじっていく、実はアイドルが好きななずなやコール本を知っているなぎなどが各メンバーの意外な一面も見えてくる。

そしてずっとアイドルになるのを渋っているあーりんがいつも愛野ヒカリ(ジャケットであーりんがコスプレしている)の「GO!GO!ラブリズム」をチュウニズムでプレイしていることから、あーりんも実はアイドル好きなのではないかという話に。

MASTERはいっぱいいっぱいになるからという理由でEXPERTを選ぶあーりんはかわいい。

そこを突っ込まれアイドル好きだと認めるあーりん、そのままなし崩しでアイドルにしようとするも失敗、ならばせめてラブリズムのカバーをしようと話になるが、絶対弄られてろくなことにならないとあーりんが拒んでしまうところで話は終了・・・

02.GO! GO! ラブリズム ~あーりん書類審査通過記念ver.~

したと思ったらこれだよ!!

 曲はGO!GO!ラブリズムを歌いながらメンバーがコールを入れていくという他のカバーと比べるとアレンジは控えめな内容(それでもかなり自由な感じではあるが)特徴としては普段は聴けないであろうイロドリミドリのメンバーによるコール、Mix、口上が聴けることやアンコールパートが入っていることだろう。聴いていても合いの手やコールが入れやすくライブでは大盛り上がり間違いなしの曲だ。

実際JAEPOLIVE2017においては大トリとして披露され会場のボルテージは最高潮だった。

最後にまた乗せられてしまった・・・と嘆くあーりんマジあーりん

03. 凪がなずなと服を買いに (中略) 行く話

凪となずなが今度の休みのお出かけにいくときの服を選ぶというストーリー、インドアな性格で服を買いに行く服がないとなずなに相談するなぎ、ちょうど話し相手が欲しかったなずなはこの相談にノリノリで応えていく、生真面目でかわいらしいちゃんなぎとそういうかわいいなぎが大好きななずなの何気ない会話にとても癒される話だ。

なずなのために精一杯おしゃれしようとするなぎをおしゃまさんだとなずながからかってカバー曲「Oshama Scramble」へとつながっていく

04.ここで一席!Oshama Scramble !

原曲はOshama Scrambleだが元々歌詞らしい歌詞の無い曲なので"ここで一席!"のタイトル通りなずな師匠(なずな)と小仏亭ちゃんなぎ(なぎ)が漫談風に歌っている。

原曲のテイストを残しながらも、キーボードの音が優しくなぎとなずなの声と合わさってゆるふわな雰囲気となっている。

なずなから提案されるラップや掛け合いなどなずなのマイペースさとそれに付き合うおしゃまなちゃんなぎがかわいい一曲だ。

05.芹那がカレーの世界大会に出る話

カレー喫茶のバイトで疲れたせりなが夢の中のカレーの世界大会で様々な国の代表(なる)と激闘を繰り広げるというストーリー 、夢の中で変なキャラ付けをされている各国代表のなるとそれにツッコミを入れ続ける日本代表せりなの戦いが面白おかしく繰り広げられている。

(夢の中で)順調に大会を勝ち進んで行き決勝で待ち構えていた相手はインド代表の闇の箱部なる、闇堕ちした彼女を浄化するためにでせりなは最後の戦いへと突き進む。右手にカレー、左手にライスの力を溜めながら「インド人を右に!!」と叫んだところで目が覚めるせりな、すると部屋に遊びにきていたなるが楽しそうに様子を聞いてくる。

どうやら先ほどの夢の寝言は全て録音されており、これでいい曲が作れそうだとウキウキしているなるはやっぱり闇堕ちしていたというオチ、この際に珍しくせりなとなるがお互いのことを苗字で呼んでいる。

あとは寝起きのせりなボイスがかわいい

06.The wheel to the Night ~インド人が夢に!?~

原曲はThe wheel to the right(備考)。こちらは今までと違い大幅にアレンジがなされており、主にせりなの寝言とその様子を見ているなるの台詞が歌詞となっている。(歌が寝言ということでせりな役のえみつんも収録には苦労したそうだ)

軽快な原曲とは異なり、インド風の音楽と寝言のゆったりした感じと軽快な歌唱パートのまぜこぜがクセになる一曲となっている。

 

(備考)日本語訳は「ハンドルを右に」、これはかつてゲーム雑誌にて「ハンドルを右に」が「インド人を右に」と誤植されたことが元ネタとなっており、曲中にも「インド人を右に」というフレーズが出てくる。

 

 

 以降はシークレットトラックで収録されている月鈴姉妹の楽曲カバーである。(曲はPCで取り込み全曲表示されるのが一般的なこの時代にシークレットの意味はあるのだろうか?)

secret.ドラマ 白奈の、一番大事な曲の話

那知が白奈の未完成のとある曲(DREAMS DREAMS)を見つけたことをきっかけに白奈がチェロを始めた理由、姉である那知への想いを語っていくというストーリー、一言でいうなればだ。

天性のヴァイオリンの才能を持った那知とそんな姉の背中を見ていた白奈。傍若無人な振る舞いが目立つ那知であるが、その実妹の白奈のことを大事に思っていたり、しっかりとした音楽観を持っていたりとこのドラマでかなり印象が変わった。

secret. 夢と夢 ~あの日のメロディ~

原曲はDREAMS DREAMS、今までの楽曲はCHUNITHMとmaimaiのオリジナル楽曲であったが、この曲はSEGAの家庭用ゲームNiGHTSのテーマ曲だ。詳しくはこちらのブログへごらトモ 夢と夢〜あの日のメロディ〜(作曲者ササキトモコさんのブログ)

 作曲者自らのカバーということもあって、和訳された歌と弦の音によって原曲から雰囲気は変わっているが原曲の良さはそのまま残っている文句なしの名曲だ。

My Dearest Songで歌われていた"あの日のメロディ"としてアレンジされたこの曲、今後もライブ等で披露される可能性は大いにあるだろう。

 

 

以上とそれぞれの曲のInstrumentalがこのCDの収録内容である。

JAEPOLIVEで披露された「GO!GO!ラブリズム」と「夢と夢 ~あの日のメロディ~」の2曲に魅入られてCDを探してきたが、探した甲斐のある曲とドラマであった。

こういう非売品のCDを探すのはなかなか困難であるため、今後は正規の方法で入手できるよう頑張ろうと思う。

 

次にCDが出る可能性があるのは6月に開催されるセガラッキーくじだ。果たして無事CDを引き当てることはできるのか・・・そもそも近所でくじを引けるのかが今から不安だ・・・

 

 

 

チュウニズム日記4 MASTERへの挑戦

チュウニズム日記

今日は疲れていたもののどうしてもやりたくなり1クレだけプレイ

 

始めはChange Our MIRAIのEXPERTから挑戦、数日振りのプレイで動きが完全になまっていた・・・

思うようにタップできずスコアはAどまり、いまだにサビのリズムがつかめずコンボが切れてしまうためもっと練習が必要だ。

 

ここでもう少し勘を戻せばよかったもののせっかく挑戦できるのだからと、My Dearest SongのMASTERに挑戦

どんな感じかなとお遊びでやってみた結果・・・

 

f:id:normaltsuna:20170317231555j:plain

 

惨☆敗

ノーツの動きやフリックにまるでついていけずボロボロ、MISSが300以上でフィニッシュ。

「まあ最初はしょうがないでもこれでしろにゃが・・・」

と思っていたらまさかのGETできず。なんで?なんで?と疑問に思っていたが終わった後で確認していたらBASICが未プレイだったというオチ

まあプレイ中は後でゲットできるのかなとあまり考えず3曲目をプレイEXPERTでは初挑戦のDETARAME ROCK & ROLL THEORY。

やっぱりレベル9はまだまだ修行が必要そうな結果となった。

 

今回のプレイを振り返ってみて気になったのはタップと思っていたらミスしているという状態が結構あったのでタップのタイミングや使ってる手袋を防寒用の手袋から変えるなど工夫していきたい。次こそは白奈を・・・

 

チュウニズム日記3 現在の状況

チュウニズム日記

初プレイから半月たった、私のチュウニズムの状況です。

初めて一週間

自分の音ゲープレイスキルはスクフェスのEXPERTやデレステのPROがある程度フルコン出来る程度の腕前で始めたが、BASICは軽くやれたので最初の1週間はADVANCEDを安定させることが目標だった。

いかんせん先ほど挙げた音ゲーと違って、指ではなくて手全体でタッチする、手を振り上げるAIRアクションがあるなどチュウニズムの形式になれることから始めなければならなかったのだ。

やけにミスが多いなと思ったらスライダーではなくスライダーの手前をたたいていたなど譜面以上にその仕様に慣れることに苦戦する。

例えば、スライダーを押しっぱなしにするHOLDとSLIDE、これらはノーツの終点で手を離す必要がない。ノーツは叩くだけでなく手をスライドしてタッチするだけで触れた判定になる。

これらを知っておくだけでも余計なミスを減らすことが出来た。

EXPERTの壁

各イロドリミドリの曲をクリアしてだいぶ慣れてきたなと思ったので1週間後に初めてEXPERTのChange Our MIRAIに挑戦!

結果は・・・

 

ボロボロ、単純に譜面が難しいというのもあったが、それよりもEXPERT独特の動きというものが多く対応し切れなかったのだ。

ADVANCEDは

・同時に押すノーツは2つ

AIRはHOLD,SLIDEの終点

音ゲーをやったことがある人なら今までの経験で対応可能な部類であったが、EXPERTからは

・TAPしてAIRするノーツ

・4つ押しのノーツ

・HOLD, SLIDE中に腕を交差しながら叩くノーツ

など独特な動きが大幅に増える。

これに対応するにはとにかく練習するしかないが、ADVANCEDではこれらの特徴をもった譜面はないため必然的にEXPERTをやるしかなくなる、ADVANCEDまでが普通の音ゲーだとしたらここからCHUNITHMの始まりといったところだ。

イロドリミドリの楽曲は難易度が少し高いので他の難易度が低いEXPERT曲で練習を重ねていった。

ランクSを目指して

 そして現在、EXPERTは楽曲レベル8までであればある程度安定してきたところである。

しかし、イロドリミドリの楽曲レベルは最低で8+であり、いまだに苦戦が続いている。では、何に苦戦しているのかという話になるのだが、イロドリミドリのキャラクターをゲットするためには最高難易度のMASTERを含めた全難易度をプレイする(備考1)必要があるが、難易度MASTERはロックされておりプレイするためにはEXPERTでランクSをとる必要がある。(備考2)

これを達成するために最近は難易度が(他のイロドリ楽曲と比べ)比較的低いChange Our MIRAIを重点的にプレイしているがこれがギリギリでランクSに届かないという状態が続いている。

プレイを分析するにTAPするときにミスが多くJUSTICE CRITICALが少なくなっている野でスコアが思うように伸びていなかった。

そこで気分転換に同じレベル8+のMy Dearest SongをプレイしたところギリギリランクSに到達!

これで白奈ゲットへの挑戦権を獲得出来たというのが現在までの状況である。

 

(備考1)便宜上、最高難易度をMASTERと表記したが実際にはMASTERより上の難易度も存在する。

(備考2)いきなりMASTERをプレイできる方法もあるが、それで目標クリアというのも味気ないのでチュウニズムを楽しむためにEXPERTをプレイしている。

 

現在までの状況が報告できたのでチュウニズム日記4以降は、(できれば)プレイしたごとに更新する予定になります。

 

 

 

 

新田恵海えみゅーじっく♪まじっく☆公開録音「つんらじ春のつんまつり」夜の部

イベント

3月11日に行われた、新田恵海えみゅーじっく♪まじっく☆公開録音「つんらじ春のつんまつり」(ゲスト 楠田亜衣奈さん) の夜の部に参加してきましたのでレポート

レポートの内容はラジオでは伝わらないであろう部分に絞っています。

公開録音の内容自体はラジオCDつん10(6月28日)とつん11(8月30日)に昼の部と夜の部がそれぞれ収録されますので興味のある方はそちらをご購入ください。

 

 そして最後にリニューアルされるラジオの名前「新田恵海のえみゅーじっく♪ろけっつ」が発表されました。通称は変わらずつんらじとのことです。

2人での絡みはラブライブニコ生の「のぞほのバラエティボックス」以来でしたが、相変わらず仲のよさそうな2人が見れてとても満足のいくものでした。

あの時とは違い、隙だらけでいろいろドジをしてしまうえみつんをフォローするくっすんやくっすんが様々なお便りをバッサバッサと切っていく様は2人の素が出ていて見てて飽きないものでした。

ラジオもリニューアルされ今後もますます楽しみなつんらじ、願わくばまた公開録音がありますように・・・

チュウニズム日記2 キャラクターとコース

チュウニズム解説 チュウニズム日記

今回はキャラクターとマップさらにスキルの解説を行います。

wikiをみれば大体書いてある内容ですがwikiの書き方だと分かりにくいところがあったので補足として見ればよいかと思います。

キャラクターとは

無料プレイ中にチュウニペンギン(スキルなし)というキャラクターがいたと思う、また日を改めてチュウニズムをプレイした場合博麗霊夢が手に入ったであろう、これらのキャラクターは曲をプレイする前の画面で選択することができるのだが曲の難易度の変化やスコアの増減、限定曲の解放等の要素はなく楽曲のプレイ自体にはまったく関係ない(一部例外あり)、しかし、キャラクターにはスキルというものを持っており、これを発動することで楽曲のクリアの補助や後述するマップを有利に進めることが出来る。

 

キャラクターの入手方法は複数あり

1.マップを進める

2.キャラに関連する曲を全難易度プレイする

3.その他(シリアルコード、連携等)

が存在する。

 

今回の目標であるイロドリミドリのキャラクターの入手方法は2の関連曲を全部の難易度でプレイするである。

よって各ソロ曲を全難易度でプレイすれば目標達成である。

※注 明坂芹菜の開放だけは個人曲のハートビートではなくChange Our MIRAIなので注意

 

マップについて

マップとはゲーム開始時に選択し、曲のプレイ結果に応じて進めるマスが決まるすごろくのようなものである。

無料プレイ時に楽曲リザルト画面のあとにマスを進んでいき課題曲をクリアをせよという指示が出たであろう。

マップを進んでいくことで解禁されるキャラクターや曲が存在するため、当面の間はマップを進んで行きキャラや曲を増やしていくのがよいであろう。なお2017年3月現在でマップを進んでいくことにより開放されるイロドリミドリ楽曲やキャラクターは存在しない。

マップ選択について

チュウニズムを始めた際に

・ORIGIN

AIR ep.○

・イロドリミドリ

と複数のマップの内、ひとつを選択する必要がある。

では、どれを選ぶべきかという問題であるが、イロドリミドリは後回しでよい

なぜならば、イロドリミドリマップを進むとスキル獲得可能なのだがこのスキルはイロドリミドリのキャラクター専用スキルなのだ。今回はイロドリミドリのキャラクターを手に入れることが目標なので進めるのはキャラクターが手に入った後でよいだろう。

その他のマップについてはまずはORIGINを進んで行くのよいだろう、ORIGINマップは使いやすいキャラクターとスキルがそろっているためである。

 

スキルについて

先ほどから頻繁に上げられているスキルであるが、これはキャラクターに装備することで発動する。

といっても前述したが、某ソシャゲのように楽曲のスコアアップや判定強化といった譜面そのものを簡単にするといったことはない。(判定を厳しくして難化させるスキルは存在する)

チュウニズムにはクリアゲージという概念が存在し、ノーツをよい判定でタップすると

クリアゲージが上昇し、逆にミス判定になると下降する。このクリアゲージが一定以上たまった状態で楽曲を終了すると楽曲クリアとなり、たまったクリアゲージ(とその他のボーナス)の分だけマップを進むことが出来る。(クリアゲージとスコアは無関係、スコアSでもクリアできないこともある)

スキルはこのクリアゲージを上げやすくしたり、下げにくくする効果がある。

 また、スキルには汎用スキルと専用スキルというものが存在する。名前の通り汎用スキルは全てのキャラに、専用スキルは特定のキャラクターのみに装備可能だ。

最初のうちはORIGINマップを進んで行き3回目のゴールで手に入れることの出来る「ゲージブースト」というスキルを装備しておけば大体問題ない。

また、曲をプレイするごとにキャラクターのレベルが上がっていき、ある一定のレベルに達するとそのキャラクターが元々持っていたスキルのレベルが上がる装備しているスキルのレベルではないので注意)。

キャラクターによってはレベルが上がることで元々持っていた汎用スキルの上位互換の専用スキルが獲得可能だ。(手に入るスキルの詳細等はwiki参照)

 

 

 

始めてやる場合、このあたり意識していると無駄に必要のないキャラのレベルを上げたり、使えるキャラがいないのにスキルだけを手に入れてしまうということはないだろう(経験談)。

チュウニズム日記1 チュウニズムを始めよう

チュウニズム日記 チュウニズム解説

イロドリミドリ勢がチュウニズムを始める前に

チュウニズムをやろうと筐体に100円を入れる前に、まず目標を設定する必要がある。

 

というのはイロドリミドリというコンテンツを楽しむということを主眼にするなら、身も蓋もない話ではあるがチュウニズムで遊ぶ必要は薄いからである。

各ストーリー、ラジオドラマはyoutubeの公式チャンネルにアップされており、曲についてもコミケ等で発売されているCDを手に入れればそれで十分に楽しむことが出来るためだ。

(備考)例外として2017年1月に行われたチュウニズムのキャンペーンでは筐体で遊ばないと限定CDを手に入れることは出来なかった

 

そこで自分は目標をイロドリミドリのキャラを全員GETするに設定した。(チュウニズムにおけるキャラの詳細については別途)

この目標において絶対に必要なものがゲームICカードだ。

チュウニズムで遊んだ際の、手に入れたキャラクター、楽曲ごとのスコアといったプレイデータはICカードに保存される。

チュウニズムで使えるゲームICカードは、Aimeバナパスポートの2種類が存在する。これら2つに差はないためゲーセンの自販機にあるほうを買えばよい。またお財布ケータイを所持している場合はそれでICカードの役割を果たせる。

(備考)逆に言えば、これらを目標に設定しない場合ICカードは不要であるが、前述のキャンペーンにもICカード(とプレイヤーズサイトへの登録)は必要なため出来れば持っておくとよい

 

いざ、チュウニズム!

目標を決め、ICカード(以降Aime)を買ったら、筐体へと向かう。(正直ゲーセンの音ゲーエリアは周り全てが猛者に見えるなので出来れば誰もやってないところに行きたい)

ポスター等でアピールされていると思うが初めてAimeを使う場合、チュートリアルと一曲プレイ無料がついてくるので100円は不要である。

とりあえず画面の指示に従って進めていこう、チュウニペンギンとかマップとかは後日解説する。チュートリアルが終わったら一曲遊べる。自分は”Change Our MIRAI”のBASICを選択、意外とやり応えがある、今までやってきたゲームにはない手を振り上げるAIRノーツがとても新鮮でこれははまったら大変そうだ。

 

ここからチュウニズム挑戦記が始まる・・・

 

 

チュウニズム日記0 始めたきっかけ

チュウニズム日記

きっかけはJAEPO LIVE2017 パーリナイ2(祭)だった。

 

恵海人である私は「えみつんが出る」それだけの理由でJAEPOに行くことを決め、予習も碌にせずに参加した。そして圧倒された。どこまでもテンションの上がる曲、沸き起こるコール、キャラクターとマッチした声優さんたちのMC、忘れていた自由なライブの感覚を思い出した。そして告知されたワンマンライブ、行かないという選択肢はすでに残されていなかった。

 

次の日には私はイロドリミドリの動画を漁り、曲を調べ、ラジオドラマを聴きあさった。そこにあったのは、一種の後悔と探求心だ。「もっと知っておけばよかった・・・」と「もっとイロドリミドリのことを知りたい!」という、そしてひとつの、当たり前の結論に達した。

 

そうだ、CHUNITHMをやろう